ご案内


長友佑都にイー・ラーニング研究所が提供している
イングリッシュモンスターズをやらせるには、
いくつかの関門が待ち受けています。
まず1つ目として、ハードの問題です。
インターネットは世界共通ですが、
長友佑都が所有しているスマホのメーカーに対応しているとは限りません。
そのメーカーが日本産なら問題ないのですが、
もしも、イタリア産ならば長友佑都はイー・ラーニング研究所が提供している
イングリッシュモンスターズをすることが出来ないかもしれません。

2つ目として、需要の問題があります。
イングリッシュモンスターズを簡単に紹介するとしたら、
ゲームが中心の英語学習アプリです。
しかし、長友佑都の語学力は非常に優れています。
彼自身の大学論文はイギリスの文化を研究する物で、
かつ、今はイタリア語も英語もペラペラだそうです。
イタリアに渡った直後は何一つ分からなかったそうですが、
数年で母国語並に話せるようになったみたいです。
長友佑都にイー・ラーニング研究所が提供している
イングリッシュモンスターズをやらせても、
英語の勉強にはならないかもしれませんね。

最後の問題として、彼自身、
こうしたアプリゲームをしない人物かもしれません。
長友佑都は筋トレが趣味、そして特技は太鼓でもあるので、
こうしたピコピコするゲームは性に合わないのではないでしょうか。
長友佑都にイー・ラーニング研究所が提供している
イングリッシュモンスターズをやらせるのは、非常に難しいと言えます。